● 自己紹介
● 日記の分類−目次−


● 最近の日記
● 過去の日記【月別】
● 最近のコメント
● 最近のトラックバック
●リンク
関連リンク
★臨死体験研究読本★
臨死体験研究読本―脳内幻覚説を徹底検証』は、精神世界を論じながらも、具体性があるため、説得力があり、読み手にも理解しやすいものに仕上がっています。しかも、一向にテンションのおちない確信に満ちた筆致の迫力は全編に渡っており、かつてない熱気に満ちた力作です。◆これまでの外国の研究などの器用な整理やまとめをする日本の学者は多いでしょうが、本書は、独自の考察と分析によって外国の評価の高い研究を批判し、それらに対する自らの主張を明確にする、きわめてオリジナリティーの高い作品です。
● 携帯用CODE
qrcode
● その他

07
--
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
<< | 2 / 2 pages |
tape
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
tape
ライフ・レッスン (角川文庫)
評価:
エリザベス・キューブラー・ロス,デヴィッド・ケスラー
角川書店
(2005-08-25)
ライフ・レッスン (角川文庫)

一生の間に学ぶべきさまざまなレッスンがあり、とりわけ死に直面した人と共ににいる時それを実感するという。人生がわれわれに習得せよと要求するレッスンを「ほんものの自己」のレッスン、愛のレッスン、人間関係のレッスン、喪失のレッスンなど15にまとめている。

たとえば喪失のレッスン。死という絶対的な限界状況に直面してはじめて人は、余分なものを削りとって≪いのち≫として輝き出す。自己の内部に失われることのないなにものかを見出す。死を前に徹底的な喪失を味わい、すべてに「さようなら」をいうことで、それでもあせることのない何かをつかむ。人生に避けがたい喪失の体験によって我々は、かけがえのない学びを得る。

『余分なものを削りとる』作業によって誰であれ輝きを放つことができる。「あなたの本質はもっとも純粋な愛であり、壮大ともいえる完全性である。あなたは自己を癒し、自己がだれであるかをおもいだすために、地上にうまれてきた。おもいだすべきあなたの本質こそが、闇夜を行くときのみちびきの光である。」

JUGEMテーマ:精神世界の本
★特選の本22:11comments(0)trackbacks(0)
tape
シャーマンズボディ―心身の健康・人間関係・コミュニティを変容させる新しいシャーマニズム
評価:
アーノルド ミンデル
コスモスライブラリー
(2001-08)
濃密な本だ。訳者あとがきに「プロセス指向心理学の基本的な考え方をカルロス・カスタネダの著作やミンデル自身のシャーマニズム体験から語り直すスタイルをとっている」とあるが、むしろシャーマニズムに引っ張られるような形で「心理学」という枠をはるかに超え出るような深さの次元を、他にない大胆さで率直に語っている。

シャーマニズムもプロセスワークも、自我を強化することに重点を置くのではなく、身体や身体を含むプロセス、その変化に対する自覚を育むことを重視する。ドリームボディ・ワークをシャーマニズムの観点から見れば、身体に従うことは失われた魂のかけらを探すことに相当するという。

ほとんど全ページに散りばめられた、印象的な言葉、胸を打つ言葉、心に留めたい言葉の数々、その一頁一頁の密度の濃さ。そして、シャーマニズムに導かれつつ信じられないような精神世界の不思議を語る大胆さも、ミンデルの他の本にはない魅力だ。



JUGEMテーマ:スピリチュアル
JUGEMテーマ:精神世界の本


★特選の本00:09comments(0)trackbacks(0)
tape
ワン・テイスト―ケン・ウィルバーの日記〈上〉
評価:
ケン ウィルバー
コスモスライブラリー
(2002-03)
ウィルバーの日記という形の本だが、彼自身によるウィルバーの世界への良き入門書だ。彼の基本的な思想が、日常の活動や瞑想実践への言及のなかに散りばめられ努力なしに興味をもって読める。日記を読み進むうちに彼の統合的アプローチの意味を再確認するだろう。

ウィルバーの他書にない、この本の魅力の一つは、彼自身の瞑想体験が、かなり詳細に語られていることだ。さらに興味深い点の一つは、アメリカの精神状況へのラディカルな批判が随所に見られること。全体として、ウィルバーを取り巻く交友関係や内面世界に触れつつ、しかも彼の統合的ヴィジョンがコンパクトに語られており、興味尽きない。彼が私たちにもたらした成果の意味の重大さを再認識させてくれる。



JUGEMテーマ:スピリチュアル
JUGEMテーマ:精神世界の本
★特選の本00:04comments(0)trackbacks(0)
tape
あるヨギの自叙伝
評価:
パラマハンサ・ヨガナンダ
森北出版
(1983-09)
著者のパラマハンサ・ヨガナンダは、現代インドが生んだ優れたヨガ行者であり、代表的な霊的指導者(グル)の一人だ。ヨガの奇跡を近代科学の言葉で語っている。大部の著だが、決して読み飽きることはないだろう。著者の幼年時代から、どのようにして精神的に成長して行くかが、印象的な、あるいは不思議に満ちたエピソードとともに語られていく。師との出会いや師による導きの話も深く心に残る。魂の成長を目指すものにとって尽きることのない泉であり、大きな勇気や励ましを与え続けてくれる本だ。分厚さと値段にひるむことなく読んで欲しい。興味深く読み進むうちに心に深くしみこむものがある。高価だが、それだけの価値は充分にある。



JUGEMテーマ:スピリチュアル
JUGEMテーマ:精神世界の本
★特選の本22:54comments(0)trackbacks(0)
tape
人生は廻る輪のように (角川文庫)
評価:
エリザベス キューブラー・ロス
角川書店
¥ 820
(2003-06)
彼女のでこれほど心に響いたことはなかった。死は人間にとって最大の学びの機会であり、そうした死の意味に真正面から取り組んだのが彼女だ。彼女がこの問題に導かれて行く運命的なプロセスが、幼児期からつぶさに語られる。

死、そして癒しと愛という彼女の中心テーマに立ち向かっていく姿勢に、まぎれもない真実さを感じる。さらに幼少のころから若き日にかけての、次から次へと起こる印象深い出来事。苦しむ人々を助けようとする意志と、待ち受ける困難。それを持ち前の行動力と偶然とは思えぬ運命の力によって克服していく。

読み物としても瞬く間に心を奪われて、一気に読ませる。その純粋なエネルギーに心の底から洗われる。

ほとんどの医師たちが、死に臨む患者の意識に直面することを避け、むしろ死をタブー視する中で、患者とともに苦しみ悩み、寄り添っていく。多くの患者たちとともに死に直面する中で、患者たちの意識にどのような変化が起こるかが明らかにされ、人間にとっての死の意味が明らかになる。
JUGEMテーマ:スピリチュアル


★特選の本21:03comments(0)trackbacks(0)
tape
愛への帰還―光への道「奇跡の学習コース」
評価:
マリアン ウイリアムソン
太陽出版
(1998-10)
◆『愛への帰還―光への道「奇跡の学習コース」』◆

この本は、翻訳完成が待望される『奇跡の学習コース』(A Course In Miracles)に基づいて書かれ、この本への案内ともなっている。随所にこの本からの言葉を散りばめながら、その精髄を伝えている。私も『コース』をぜひ読みたいと思った。キリスト教的な言葉遣いながら、その精神は東洋的な真理と一致する。その真理が、愛、許し、受容などより実践的な文脈の中で語られ、深く心を揺さぶる。

「私たちが本当はいかに愛すべき存在であるかを発見するためには、最も深いレベルで自分自身を露にする必要があります。私たちが自分の真の性質を求めて深く掘り下げるならば、そこに見出すものは暗闇ではありません。果てしない光がそこにあります。それは、エゴが私たちに見つけてほしくないものです。」

落ち込んだり、迷ったりしたとき、しばしばこの本をひらきたいと思う。

JUGEMテーマ:スピリチュアル
★特選の本21:55comments(0)trackbacks(0)