● 自己紹介
● 日記の分類−目次−


● 最近の日記
● 過去の日記【月別】
● 最近のコメント
● 最近のトラックバック
●リンク
関連リンク
★臨死体験研究読本★
臨死体験研究読本―脳内幻覚説を徹底検証』は、精神世界を論じながらも、具体性があるため、説得力があり、読み手にも理解しやすいものに仕上がっています。しかも、一向にテンションのおちない確信に満ちた筆致の迫力は全編に渡っており、かつてない熱気に満ちた力作です。◆これまでの外国の研究などの器用な整理やまとめをする日本の学者は多いでしょうが、本書は、独自の考察と分析によって外国の評価の高い研究を批判し、それらに対する自らの主張を明確にする、きわめてオリジナリティーの高い作品です。
● 携帯用CODE
qrcode
● その他

10
--
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
<< 宇宙とつながる気功レッスンTOPページ「気と経絡」癒しの指圧法―決まった位置にあるツボなどない (講談社プラスアルファ新書) >>
tape
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
tape
魂が癒されるとき―気功・ホリスティック医学・ガン治療をめぐる対話
評価:
帯津 良一,津村 喬
創元社
魂が癒されるとき―気功・ホリスティック医学・ガン治療をめぐる対話

帯津氏は、ガン治療の現場に気功を導入して大きな成果を上げる、気功界の代表的な人物。西洋医学と気功、東洋医学等を結合したガン治療の実践をまとまった形で読めて興味深い。

津村氏は、日本に気功を紹介した草分け的存在で、その文章にはつねに広い視野と見識、温かさに満ちる。その二人の対談が面白くないはずがない。

津村氏が日本に気功を紹介する過程での、帯津氏がガン治療の現場に気功を導入するうえでの、それぞれのいきさつや苦労を語る。二人とも外気治療に対し一定の評価をしつつも、金銭をとっての外気治療には批判的。あくまでも自己鍛錬が中心で、気功師はそれを援助するのがいいとする。

一貫して、人を癒す、癒されるということを狭くとらえず、武術気功、芸術気功、教育気功、環境気功など気功全体とのつながりのなかで治療文化を理解する。さまざまなジャンルを含む気功を、自己調和、生命場の調和を深めていく自己成長のプロセスとしてとらえ、その中で治療や癒し、宇宙との一体感というような「さとり」も理解する。

JUGEMテーマ:精神世界の本
気功23:10comments(0)trackbacks(0)
tape
スポンサーサイト
| - | 23:10 | - | - |
tape







※適当に改行入れてくださいませ(特に半角文字使用の場合)


tape
http://hontabi.jugem.jp/trackback/96