● 自己紹介
● 日記の分類−目次−


● 最近の日記
● 過去の日記【月別】
● 最近のコメント
● 最近のトラックバック
●リンク
関連リンク
★臨死体験研究読本★
臨死体験研究読本―脳内幻覚説を徹底検証』は、精神世界を論じながらも、具体性があるため、説得力があり、読み手にも理解しやすいものに仕上がっています。しかも、一向にテンションのおちない確信に満ちた筆致の迫力は全編に渡っており、かつてない熱気に満ちた力作です。◆これまでの外国の研究などの器用な整理やまとめをする日本の学者は多いでしょうが、本書は、独自の考察と分析によって外国の評価の高い研究を批判し、それらに対する自らの主張を明確にする、きわめてオリジナリティーの高い作品です。
● 携帯用CODE
qrcode
● その他

08
--
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
<< コスモロジーの創造―禅・唯識・トランス・パーソナルTOPページハイデガー=存在神秘の哲学 (講談社現代新書) >>
tape
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
tape
速読勉強術―限られた時間で差をつける!
評価:
宇都出 雅巳
すばる舎
(2007-01)
速読勉強術―限られた時間で差をつける!』は、すばやく何度も反復して記憶する「高速大量回転法」を提唱する。この本のおかげで私の本の読み方は一変した。一日一冊ずつ読んでいくことが、これで可能となった。だからと言って特別の訓練をするわけではない。

最初は目次をさっと目を通すことから始まって、次は本文の小見出し、そして太字の重要箇所という風に何回も繰り返し、徐々に深くはいっていく。

これはやって見ると、なるほど理にかなっており、素晴らしい読み方である。理由は主に二つだ。一つ目は何回も繰り返すことで、一回の通し読みより遥かに内容が記憶に残ること。

二つ目は、ざっと何回も読んでいるうちに、全体構成への理解が深まり、重要箇所もしぼられ、読む必要のないところもはっきりする。すばやく無駄なく読め、理解も深まり、記憶にも留まるというわけだ。

JUGEMテーマ:勉強のこと
自己啓発・読書法13:05comments(0)trackbacks(0)
tape
スポンサーサイト
| - | 13:05 | - | - |
tape







※適当に改行入れてくださいませ(特に半角文字使用の場合)


tape
http://hontabi.jugem.jp/trackback/79