● 自己紹介
● 日記の分類−目次−


● 最近の日記
● 過去の日記【月別】
● 最近のコメント
● 最近のトラックバック
●リンク
関連リンク
★臨死体験研究読本★
臨死体験研究読本―脳内幻覚説を徹底検証』は、精神世界を論じながらも、具体性があるため、説得力があり、読み手にも理解しやすいものに仕上がっています。しかも、一向にテンションのおちない確信に満ちた筆致の迫力は全編に渡っており、かつてない熱気に満ちた力作です。◆これまでの外国の研究などの器用な整理やまとめをする日本の学者は多いでしょうが、本書は、独自の考察と分析によって外国の評価の高い研究を批判し、それらに対する自らの主張を明確にする、きわめてオリジナリティーの高い作品です。
● 携帯用CODE
qrcode
● その他

04
--
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
<< 精神世界のゆくえ―現代世界と新霊性運動TOPページ速読勉強術―限られた時間で差をつける! >>
tape
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
tape
コスモロジーの創造―禅・唯識・トランス・パーソナル
評価:
岡野 守也
法蔵館
(2000-06)

コスモロジーの創造―禅・唯識・トランス・パーソナル』で著者は言う、行き詰まった時代の精神が進みうるのは「宗教でもなく近代主義でもなく霊性へ」という方向しかない、と。ここで宗教とは、みずからの教祖、教義、教団を絶対視し、信仰と服従を不可欠の条件とするシステムとグループをさす。

こうした宗教集団の自己絶対視は、かならず敵と敵意を生み出す。宗教集団にとって他者は改心させる対象ではあっても、そのまま認め得る存在ではない。布教に反対する呪われた存在は、神にかわって殺してもよいとさえ結論される。

一方近代主義の特徴は、個人主義的な人間主義、民主主義、合理主義、物質科学主義、産業主義、進歩主義、現世主義、無神論などである。これらの傾向を推し進めたとき、個人のレベルでは、ニヒリズムとエゴイズムに陥る危険性が高い。

自己絶対視から敵意を生む宗教と、エゴイズムとニヒリズムを克服できない近代主義をともに超えて人類の未来を切り開く道があるのか。それが霊性の立場であるという。

霊性とは、様々な宗教の根源にあって宗教に命を与えるおおいなる命の体験である。



JUGEMテーマ:精神世界の本
精神世界全般23:09comments(0)trackbacks(0)
tape
スポンサーサイト
| - | 23:09 | - | - |
tape







※適当に改行入れてくださいませ(特に半角文字使用の場合)


tape
http://hontabi.jugem.jp/trackback/78