● 自己紹介
● 日記の分類−目次−


● 最近の日記
● 過去の日記【月別】
● 最近のコメント
● 最近のトラックバック
●リンク
関連リンク
★臨死体験研究読本★
臨死体験研究読本―脳内幻覚説を徹底検証』は、精神世界を論じながらも、具体性があるため、説得力があり、読み手にも理解しやすいものに仕上がっています。しかも、一向にテンションのおちない確信に満ちた筆致の迫力は全編に渡っており、かつてない熱気に満ちた力作です。◆これまでの外国の研究などの器用な整理やまとめをする日本の学者は多いでしょうが、本書は、独自の考察と分析によって外国の評価の高い研究を批判し、それらに対する自らの主張を明確にする、きわめてオリジナリティーの高い作品です。
● 携帯用CODE
qrcode
● その他

05
--
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
<< 死ぬ瞬間―死とその過程について (中公文庫)TOPページものぐさ社会論―岸田秀対談集 (岸田秀対談集) >>
tape
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
tape
唯幻論物語 (文春新書)
評価:
岸田 秀
文藝春秋
(2005-08-19)
◆『唯幻論物語 (文春新書)

岸田秀が、幼児期からの母親との関係が原因で神経症になったことは、すでにあちこちで本人が書いており、岸田の読者にはよく知られた事実だ。しかし、こうして書き下ろしの本で詳しく読むと、そこから癒されようとして彼がたどった道に、学ぶべきものが多くあることを改めて感じる。

精神分析は、ある観念からその真の根拠を切り離し、真の根拠を無意識へと抑圧すると、意識に残ったその観念は強迫的になるという。ある観念を打破するには、その根拠を現実的または論理的に崩せばよいのだが、真の根拠は無意識に抑圧されているので、意識の判断では手が届かず、したがって崩しようがない。したがってその観念は、頑固で不合理で動かしがたく思え、「強迫」観念として立ち現れるということだ。

だから意識のレベルでの自己観察では、無意識に抑圧されたところまで深まる自己分析は難しい。そこで岸田は、日常生活における他者との関係に助けを借りたという。たとえば、特に、激しいショックを受けたとか、猛烈に癪に障った非難は、自分が否定したがっている無意識的コンプレックスの的をずばりと射ていることが多く、貴重な資料になったという。

また、これはよく言われることだが、とくに理由もないのに、ある人が嫌いだとか虫唾が走るという場合は、自分が否認し抑圧している自分のある面をその人に投影している場合が多い。嫌なやつには自分が映っている。

さらに、ある物語に非常に強く心を動かされたり、かき見出されたりした場合、その物語は自分の何かのコンプレックスの傷口に触れていると考えられる。

このように自分の無意識は他者の眼、他者の行動、他者の鏡、他者の物語を介して見えてくる。他者を足場にして初めて、堂々巡りをする自己中心的な自己観察がいくらか客観的な自己分析となるという。岸田自身が、こうした他者を契機とした自己観察によってよって、抑圧を自覚していったのである。

これはこれで参考になるが、もし岸田と話す機会があったなら、ヴィパッサナー瞑想はサティとラベリングという方法によって意識のおよばない抑圧に気づいていく方法だが、これについてどう思うかと訊いてみたいと思った。

JUGEMテーマ:精神世界の本
心理学全般15:36comments(0)trackbacks(0)
tape
スポンサーサイト
| - | 15:36 | - | - |
tape







※適当に改行入れてくださいませ(特に半角文字使用の場合)


tape
http://hontabi.jugem.jp/trackback/186