● 自己紹介
● 日記の分類−目次−


● 最近の日記
● 過去の日記【月別】
● 最近のコメント
● 最近のトラックバック
●リンク
関連リンク
★臨死体験研究読本★
臨死体験研究読本―脳内幻覚説を徹底検証』は、精神世界を論じながらも、具体性があるため、説得力があり、読み手にも理解しやすいものに仕上がっています。しかも、一向にテンションのおちない確信に満ちた筆致の迫力は全編に渡っており、かつてない熱気に満ちた力作です。◆これまでの外国の研究などの器用な整理やまとめをする日本の学者は多いでしょうが、本書は、独自の考察と分析によって外国の評価の高い研究を批判し、それらに対する自らの主張を明確にする、きわめてオリジナリティーの高い作品です。
● 携帯用CODE
qrcode
● その他

08
--
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
<< もういちど会えたら―最愛の人 天国からのメッセージTOPページ臨死体験〈上〉 (文春文庫) >>
tape
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
tape
魂の帰郷―あなたはなぜ生まれ、どこへ帰っていくのか
評価:
藤崎 ちえこ
ビジネス社
魂の帰郷―あなたはなぜ生まれ、どこへ帰っていくのか

著者は、精神神経免疫学を専攻し、大学でカウンセリングやヒー リングなどの活動をしていたという。子どもの頃から霊的な能力も持っていた人のようで、体外離脱には強い関心をもち、それがきっかけとなって米国モンロー研究所のワークに参加、研究所公認の最初の日本人トレーナーとして日本でワークをスタートした。

彼女自身は、体外離脱へのあこがれからへミシンク・プログラムに参加したようだが、本書は、体外離脱そのものを強調しているわけではない。その点がいいなと思っ た。確かにプログラムで体外離脱する人もいるというが、「それはあくまでも意識 の拡張、覚醒、それによる深い人生への気づき」という真のテーマの副産物だとい う。

拙著『臨死体験研究読本』では、体験者の体外離脱体験が脳の見た幻覚だったのかどう かを検証することが、ひとつのテーマであった。にもかかわらず私は、臨死体験とは独立で体験される体外離脱には、ほとんど興味をもてなかった。本当は本を書く にあたって、ロバート・A・モンローの『究極の旅』や『魂の体外旅行』などは読んでおくべきだったのかも知れない。いや、読んだことはあった。しかし、興味がも てず途中でやめた。最近話題になった坂本政道著『「臨死体験」を超える死後体験』 もほとんど読んだのだが、やはり後半は少し残して止めてしまった。

『魂の帰郷』は出版社から贈られたものだが、気軽に読める本だったためもあり、すぐに読了した。モンローの本でも坂本政道の本でも、各フォーカス(プログラムで探求する各レベ ル)の描写があまりに細かくてついて行けなかった記憶があるが、本書はそういう部分に深入りせず、意識の覚醒という、より広い視野から語っているので、読むのに抵抗を感じなかった。

私は最近、輪廻説をどう理解するかに関心があり、この本は、その視点からも興味深かった。 ヘミシンクのセッションを受けていると、自分の肉体にいるという感覚を持ちながら、別の意識で外にいて様々な経験をしていると感じたり、意識が複数となり、複数空間で別々の体験をしたりすることがあるという。そこから、わたしたちの魂は一つではなく、いくつにも分散したり、結合したりするエネルギー体だとも考えら れるようだ。

魂が個別的という概念は、三次元での幻想にすぎず、ユングの「集合的無意識」のように、深いレベルではつながっているとも理解できる。魂を唯一個別の実体とは していない自由な発想から魂と輪廻をとらえることも必要だろう。 ヘミシンク・プログラムを受けた日本人の女性で、臨死体験とそっくりの体験をしたという例が紹介されていたのも面白かった。集中力を高めたり、リラックスする ための市販のヘミシンクのCDを1・2枚買ってみようかな、という関心は出てき た。

JUGEMテーマ:精神世界の本
臨死体験と死生観23:59comments(0)trackbacks(0)
tape
スポンサーサイト
| - | 23:59 | - | - |
tape







※適当に改行入れてくださいませ(特に半角文字使用の場合)


tape
http://hontabi.jugem.jp/trackback/121