● 自己紹介
● 日記の分類−目次−


● 最近の日記
● 過去の日記【月別】
● 最近のコメント
● 最近のトラックバック
●リンク
関連リンク
★臨死体験研究読本★
臨死体験研究読本―脳内幻覚説を徹底検証』は、精神世界を論じながらも、具体性があるため、説得力があり、読み手にも理解しやすいものに仕上がっています。しかも、一向にテンションのおちない確信に満ちた筆致の迫力は全編に渡っており、かつてない熱気に満ちた力作です。◆これまでの外国の研究などの器用な整理やまとめをする日本の学者は多いでしょうが、本書は、独自の考察と分析によって外国の評価の高い研究を批判し、それらに対する自らの主張を明確にする、きわめてオリジナリティーの高い作品です。
● 携帯用CODE
qrcode
● その他

10
--
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
<< 生命観を問いなおす―エコロジーから脳死まで (ちくま新書)TOPページなまけ者のさとり方 PHP文庫 (PHP文庫) >>
tape
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
tape
中国汚染――「公害大陸」の環境報告 (ソフトバンク新書 69)
評価:
相川 泰
ソフトバンククリエイティブ
中国汚染――「公害大陸」の環境報告 (ソフトバンク新書 69)

中国の環境汚染の実態に迫る最新レポート。松花江の工場廃水汚染にまつわる隠蔽体質。水道水の凄まじい汚染とがんの発生率の高さ。どれをとってもその深刻さに驚く。何よりも報道の自由やマスコミ、世論による批判ができないため、 反対運動が全体的な広がりを持ち得ない。選挙の仕組みで地方行政を動かすこともできない。法律も信頼性が低い。汚染を阻止する有効な仕組みがないままに、ますます環境が悪化していく。政治、経済、社会の全体的なあり方が変らなければ、汚染はますます深刻化していくだろう。もしかしたら中国を滅ぼすのは、環境破壊かもしれない、と感じさせる本。

JUGEMテーマ:環境問題
環境問題11:57comments(0)trackbacks(0)
tape
スポンサーサイト
| - | 11:57 | - | - |
tape







※適当に改行入れてくださいませ(特に半角文字使用の場合)


tape
http://hontabi.jugem.jp/trackback/110